40歳から始めるダイエット

体内から有害金属を排出する

私たちの体の中には大気汚染、喫煙、加工食品などによって知らないうちに有害金属がたまっています。

 

主に鉛、ヒ素、水銀、カドミウムなどです。これらは活性炭素の大量発生の原因となって酸化を進行させさまざまな不調や病気を引き起こします。痩せにくくなるのもその一つです。しかし、有害金属は大半が便とともに排出されます。

 

ですから排便を促すために、味噌、納豆などの発酵食品の摂取が必要です。他にも排泄効果を高める為に有効な手段があります。プチ断食と呼ばれるものです。

 

普段の生活を送っていると消化器官が休まる時間はありません。そこで食事を取らない(固形物)という方法で消化器官を休ませてあげる事が出来ます。

 

胃腸が休まる事でそれまで食事の分解に使われていた体内エネルギーが細胞の修復や再生に使われるようになるので血管など痛んだ部分が修復され腸内の動きが活発になります。

 

これによりにより腸に溜まった老廃物や有害物質の排出が促されることで、免疫力がアップし花粉などのアレルギーのある方は、症状が改善・緩和する効果もあります。

 

但しプチ断食とは言え体調管理をしっかりした上で行わないと危険ですのでしっかりとした準備が必要です。