40歳から始めるダイエット

腹八分目がちょうどいい

まずは食事の際、腹八分目をこころがける事から始めてください。

 

少しもの足りないなーって位の量を20分かけて食べるのがベストです。
知っているでも方も多いかと思いますが満腹感が生じるのは食べ始めてから20分ほど経過してからです。
そしてよく噛むこと。どんな食材でも一口20〜30回噛むことを心掛けてください。

 

いいですか?40歳を超える年齢からのダイエットはこの事が本当に重要です。良く噛んで食べる事で血糖値の上昇を防ぎ食べ過ぎも抑えます。又アゴの筋肉や歯茎からの脳への伝達により唾液の分泌が増えます。

 

唾液は消化を助けるだけでなく発がん物質の抑制酵素が含まれているとも言われています。

GI値

GI値とは食べた後に血糖値が上がる速度を示した数値です。

 

GI値の高い食べ物ほど血糖値を上げ、低い食材ほど血糖値を下げます。

 

なので太らない体を作る為にはGI値の高い食材を控えめにする事が重要です。
最適なGI値は60以下の食材ですがいちいち調べるのも面倒なので以下の事だけでも頭に入れておいて下さい。

  • 肉類
  • 魚介類
  • 野菜類(イモ類を除く)
  • 乳製品

これらはGI値60を超えません。一方で多くの炭水化物や糖類はGI値60を超えます。

 

ここで大事なのは今までよりもGI値を意識する事です。
意識する事により外食、コンビニでの弁当などの加工品類缶コーヒ、ジュースなどの糖分もGI値が高い事を知っているので手が止まりやすくなります。太るからダメなのでは無くGI値が上がる事で健康が損なわれるからです。

 

GI値の低い食材から食べる

GI値の低い食材から取るという事はつまり血糖値を緩やかに上げる食材から取るという事です。簡単に言えば最初に野菜、次にタンパク質、最後に炭水化物やジャガイモ等の糖類を含む食材です。

 

空腹のときご飯やジャガイモなどのGI値の高い食材を食べる事でGI値が急上昇し脂肪を貯めこみやすい体を作り太りやすくします。
野菜類を先に食べるもう一つの理由として野菜に含まれる食物繊維が糖の吸収を抑える働きがあるからです。

 

又この時に酢の物を食べるのも効果的です。ここで気をつけなければならないのは煮しめやキンピラごぼう、モズク酢等砂糖を使った料理は良くありません。

 

又きのこ類や海藻類には食物繊維が多く含まれているので積極的に取り入れる事が必要です。

 

最近ではスーパーフードキヌアが人気をあつめています