40代 ダイエット 健康 

40代の肥満はダイエットしにくい事実

人間の身体というのは40代前後に太りやすい身体になるのをご存じでしょうか。

 

お腹がポッコリと出てしまう「いわゆる中年太り」これは老化現象のひとつで加齢によって身体の機能が低下し、さまざまな器官や細胞が衰え太りやすくなる現象です。

 

なので40歳を過ぎてからのダイエットは基本となる知識をしっかり身につけなければなりません。
これが20代30代であれば、運動や食事制限でも肥満は解消できる事が多いでしょう。

 

しかし40代になるとそうはいきません。
老化現象が始まる40代は体に取り込んだエネルギーを食事や運動だけでは消化しきれないのでかなりキツイ食事制限や運動が強いられます。

 

つまり中年太りは普通のダイエットでは中々痩せられないのです。
さらに40代になってくると糖尿病や高血圧のリスクが大幅に上昇します。

 

この事からも「太らない体づくり」は本来40代を迎える前に始めるべきだったのです。UTA

40代の正しいダイエット

40代からのダイエット=健康で若々しい体を作る
と言う事なんです。
若い身体を作る?では太らない身体を作る為にすることって?

 

大きく4つのカテゴリに分類してみました

  • 質の良い睡眠
  • バランスの良い食事
  • 腸内環境を整える
  • 少しずつ身体を鍛える
  •  

    等が挙げられます。
    UTAでは上記の4つを個別に解説していきます。

     

    睡眠について

    UTA

     良質な睡眠は人間の体に大きな変化をもたらせます。
    みなさんは「睡眠のゴールデンタイム」と言うのををご存知ですか?

     

    睡眠のゴールデンタイムとは、成長ホルモンが多く分泌される時間帯のことで、時間帯で言うと22時〜深夜2時と言われています。

     

    そしてこの時間帯に深い睡眠に入る事で【成長ホルモン】が多く分泌され老化を防ぐことが出来ます。成長ホルモンは寝ながらにして美容もダイエットも叶えてくれるのでとっても重要です。

     

    そして人間の体内には1日周期でリズムを刻む体内時計が備わっています。
    体内時計は朝日を浴びることでリセットされ一定のリズムを刻みます。それがうまくいく事で血圧やホルモン分泌、自律神経の調節機能が正常に保たれます。

     

    その為には毎日朝日を浴びられる時間に起床することもとても重要です。
    朝日が登る午前6時頃までに起床するためには、22時頃に眠りにつくことが最適なことから22時から深夜2時の間が睡眠のゴールデンタイムといわれているわけです。

     

    そして睡眠導入からの3時間が成長ホルモンがもっとも分泌されるのです。
    但し例え睡眠時間をしっかり8時間とったとしてもその時間帯が外れていると成長ホルモンの分泌は少なくダイエット効果はありません。

     

    又22時に寝たとしても、寝付けなかったり、睡眠が浅かったりする場合も成長ホルモンの分泌は少なくなります。

     

    バランスの良い食事

    UTA

    何故中高年の肥満は危ないのでしょうか。人は40歳前後から隠れ肥満になりやすいと言われています。この隠れ肥満というのが重要なキーワードとなります。
    同じ体型でも若い人に多いのが皮下脂肪。中高年に多いのが内臓脂肪です。

     

    皮下脂肪は糖尿病等の引き金にはなりません。

     

    むしろいざという時にエネルギーとして使用されたり保温効果があります。又女性であれば妊娠、出産に必要不可欠な脂肪なのです。
    一方、内臓の周りについた内臓脂肪は糖尿病・高血圧・動脈硬化などの生活習慣病の温床となります。

     

    そして20代と40代では一日に食べる量が同じでも確実に太ります。何故なら40代になると基礎代謝が落ち更には年齢と共に活動による代謝も低下するからです。そしてこの活動代謝は20代に比べ約半分となります。例えば一日の摂取カロリーを同じく2200キロカロリーと仮定します。すると

     

    20代の人は基礎代謝1600+活動代謝600=2200で消費出来ます
    40代の人は基礎代謝1600+活動代謝400=2000で+200カロリーもオーバーします。

     

    人間が一キロ体重が増えるのに必要なカロリーが一万キロカロリーと言われてますので3か月同じ生活を続けるとおよそ1.8キロ増える計算です。
    20代の倍動けと言われても厳しいかと思います。しかし年々減っていく基礎代謝は食事で老化現象を抑えキープする事が可能です。
    なのでバランスのよい食事が必要とされています。
    さらに詳しくしりたい方はコチラから

     

    腸内環境を整える

    UTA

     

    腸内環境を整えるために必要な事はズバリ出す!!と言う事です。

     

    太らない体作りの為には食べるより重要かもしれません。なぜばら体内掃除をする事で痩せやすい体が作れるからです。そのため一番重要なのが腸内環境を整える為に消化器官のリセットが必要です。

     

    小腸、肝臓、すい臓などの消化器は栄養素を吸収するために働いています。もし仮にあなたが朝、昼、晩以外にも間食などしていた場合これらの消化器は休む事なく働き続けなければなりません。

     

    あなただって休みなしで一日働けと言われたらどうしますか?動けなくなりますよね?拒否しますよね?消化器も同じです。

     

    間食をしない,食事の時間を十分に空ける事を心掛けなければなりません.

     

    消化器のリセットはまさに体の若さを取戻し太らない体を作る為の体内環境の整備なのです。

     

    そしてそれは同時に排泄の機能を高める事につながります。

     

    ダイエットや体づりにおいてあまり重視されず後回しにされがちですが排便、排尿、発汗、呼吸は共にRぷ廃物や有害物を取り除く手段なのです。正しく出す方法をしる事が太らない体づくりの条件でもあり健康維持に役立ちます。

     

    更に詳しく知りたい方はコチラから

     

    40代からの運動は無理をしない有酸素運動から

    UTA

    ちょっと走っただけで息が上がる
    食べる量は変わらないのに太った
    そして人はこれらを感じた時慌てて運動を始めるのです。

     

    若いうちは多少の無理をしても体力がありますし、筋肉の回復も早いので多少の運動をこなしても無理がききます。

     

    しかし40代ともなるとそうもいきませんよね。

     

    しかし下記のトレーニングは少なからず必要となります。

     

    ◆有酸素運動

     

    ◆ストレッチ

     

    ◆筋力トレーニング(無酸素運動)

     

    中でも最も簡単で有効なのが有酸素運動ではないでしょうか。

     

    ご存知の通り有酸素運動とは、酸素を体に取り込み体内の糖質や脂肪をエネルギーに変換させる事が目的です。

     

    しかし有酸素運動によって更に体が変化するのをご存知でしょうか?

     

    簡単に言えば有酸素運動により、持久力ががUPするという事です。

     

    持久力のある人は無い人に比べ、心臓や血管の病気にかかるリスクが4倍ほど低いと言われています。

     

    更に詳しく知りたい方はコチラ

    更新履歴